HOMEへ戻る

ケーキづくりのポリシー
生産者紹介
ケーキ・焼き菓子紹介
店舗概要
アクセスMAP
コラム

ムーランBLOG

特定商取引に基づく表示項目
Q & A
プライバシーポリシー
LINK集


バースデー&ウェディングケーキ予約

お問い合わせ
地元の生産者が作る新鮮な原料や国内産の安心素材を元に、伝統を活かした技でみなさまに「楽しい」お菓子をお届けするケーキショップです。
オンラインショップ オンラインストア
素材を提供してくださる生産者の紹介

牛乳・生クリーム
【JA函南東部・低温殺菌部会(静岡県田方郡函南町)】
JA函南東部・片野俊和組合長
JA函南東部・片野敏和組合長
高温殺菌牛乳は130℃で2秒間の熱処理をされます。これに対して、低温殺菌牛乳は65℃で30分間。人体にとって有益な菌も残されるほか、風味もあり、全国的にも人気が高まっている牛乳です。ところが、低温殺菌牛乳は、原料の牛乳そのものがきれいでないと(一般的な原料乳の10分の1の細菌数)良質の低温殺菌牛乳に仕上がりません。
JA函南東部は、全国的にも珍しい低温殺菌部会があり、15件の生産者のみなさんは厳しい独自基準のもと(生菌数が1cc中3万個以下)、細菌数の減少に取り組んでいます。
「生菌を減らすために、搾乳の際、牛の乳房を1回1回きれいにふき取ったり、機械を数回高い温度の熱湯で洗浄するなど、手間をかけています」とは、JA函南東部の片野敏和組合長。
小さな盆地に点在する酪農家から、JAの出荷所まで距離が近いため、輸送途中の牛乳の劣化が少ないことも、同組合の低温殺菌牛乳の高い評価につながっています。



卵
【有限会社伊豆鶏業(静岡県伊豆市)】
佐藤さん
パティシエ・加藤(左)、佐藤俊夫さんと千春さんご夫妻、愛犬カイ
佐藤俊夫さん、千春さんご夫妻の経営する有限会社伊豆養鶏は、安心安全な卵生産にこだわっています。飼育する鶏の数は約2万7千羽。うち3,500羽が放し飼い。パティスリー「ムーラン ナ ヴァン」には、この放し飼いの鶏の卵をご提供いただいています。
エサは非遺伝子組み換え原料で素性のわかるものを自家配合。特徴的なのは、腸内有用菌を活性化するオリゴ糖などを混ぜ発酵させた飼料を、エサに配合させること。
「鶏は腸管が短いので、毎日それらの菌を体内に取り入れることで、鶏の健康的な身体づくりを行っています」と佐藤俊夫さん。病気予防などに使う抗生物質もエサには混ぜません。直売所をはじめ、学校給食や小売店などで人気の卵です。
解放鶏舎 鶏たちが飲む水は、源流でわさび沢ができるほどの清流、伊豆半島の中央部に峰を連ねる連山「天城山」からの湧き水。健康的なエサ、水、そして養鶏所のスタッフのみなさんの心で、おいしく安全な卵が出来上がります。



イチゴ
【村川一雄さん(静岡県伊豆の国市)】
村川さん
イチゴ農家・村川一雄さん
栽培に使っている肥料は、菜種カスや米ぬか、大豆カス、魚カスなど、人間が食べても安全なものばかり。化学肥料は使わず、土壌消毒も一切行いません。環境にやさしい栽培方法を確立された村川さんのイチゴは、収穫後も日持ちがよく、パティスリー「ムーラン ナ ヴァン」で素材として使わせていただいていても、“あ、このイチゴ、しっかりした食感で生命力があるなあ”と感じます。
村川さんの栽培方法は非常にユニーク。毎年5月に土耕栽培によるイチゴの収穫を終えると、苗ごと畑にすきこみます。その後、畑に水を張って水田にし、田植えをするのです。米は収穫せずに、秋には稲ワラをさらに畑にすきこみます。こうすることで土の病気を防止し、微生物が多く発生する土壌環境が実現するのです。
環境保全、身体に安全安心なイチゴづくりを行う村川さんのもとには、収穫時期になると、イチゴの選果場までたくさんのお客様が買いに来られます(パティスリー「ムーラン ナ ヴァン」からも直接農場まで買いに行きます)。品種は「さちのか」。村川さんのイチゴ、おすすめです。



その他素材
【いつもご協力いただきましてありがとうございます!】
○国産豆乳・おから<有限会社若木屋(静岡県伊豆市)>
○農薬不使用栽培みかん<清水安全な食品を作る会(静岡県静岡市)
○地粉<金子精米店(静岡県伊豆市)>
○有機ハーブ<有限会社落合ハーブ園(静岡県三島市)>
○有機栽培らふらんす<おきたま興農舎(山形県)>
○有機栽培りんご<新農業研究会(青森県)>
○オーガニックナッツ類・ドライフルーツ類<株式会社ノヴァ(埼玉県)>
○オーガニックチョコレート<フェアトレードカンパニー(東京都)>
○果物他<大地を守る会の生産者(全国)>
村川さん
青森の有機栽培りんご
(生産地を見学にいった際のりんご・8月)


 
パティスリー「ムーラン ナ ヴァン」    ↑ページの先頭へ
〒419-0105  静岡県田方郡函南町丹那349-1 TEL 055-974-2236/ FAX 055-974-2476 info@fruitbasket.co.jp